携帯電話をレンタルしています。

私はプライベート用の携帯の他に、仕事用の携帯も持っています。しかしこの仕事用の携帯電話は、レンタルしたものを使っています。二台の携帯と契約するのはお金が掛かるし、いろいろと面倒だと思います。そんなときは、携帯をレンタルするサービスが重宝しますよ。携帯を借りる場合は、身分証の提示などが必要になりますが、比較的簡単に、どなたでも借りることができると思います。借りた携帯電話のデメリットとしては、通話料が多少割高なところですが、それでも私は気になりません。プライベート用と仕事用の携帯を分ける意味は、二つあります。一つは、自分が混乱しないためです。二つに分けることで、連絡もしやすくなりますし、メールの誤送信を心配する必要もなくなります。もう一つは、見た目の違いを楽しむことができるという点です。携帯は今や、ファッションアイテムの一つでもあると思いますね。

携帯電話のレンタルサービス

現在、さまざまな理由から携帯電話の契約をすることが出来ない方や周りの人に携帯電話を持っていることを知られたくない方などがたくさんいると思います。そのような方でもレンタルという方法でなら携帯電話を持つことが出来るのです。このようなサービスを知っている方は、おそらく少ないのではないかと思います。レンタルをしてくれる会社は、いくつかあるのですが料金や契約内容など多少の違いはありますので、インターネットで調べてみたり、直接問い合わせをしてみたりして、検討してみるのがいいでしょう。このような便利なサービスはかしこく利用して、かしこく生きていくのが一番いい方法だと私は思います。あなたはこのようなとても便利なサービスに対して、どのように思うでしょうか。利用するか利用しないかは別として、知らないと損をしてしまうこともありますよ。

携帯電話のレンタルも価格競争時代へ

日常生活において携帯電話は必需品であり、無いと困るという場合がたくさんあると思います。ほんの20年くらい前までは、一部のVIPの方が使うようなちょっと秘密兵器的な感じの機器でしたが、今では総契約台数1億台突破!国民に行き渡った日常ツールとなりました。通常は電話会社と契約し、月額基本料、通話料などを支払うわけですが、いろんな契約携帯が増えレンタルするという事も出来るようになってきました。さらに最近では多数のレンタル会社が存在するようになり価格競争も勃発。以前は通常の携帯電話と比べると著しく割高な通話料と機器レンタル料でユーザーへの広がりもまだまだでしたが、機器レンタル料も徐々に下がり通話料は通話料の実費に近い水準になってきました。twitterでの発言がたびたび話題になる某社長さんが携帯事業をはじめて一気に業界に価格破壊がおきましたが、このレンタル携帯電話の分野でもその余波が来ているのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*